三宅商店
倉敷美観地区内にある町家喫茶三宅商店には、懐かしくもありほっこりできる時間があります。
町家三宅商店 飲食メニュー オンラインショップ 三宅なモノたち ギャラリー・イベント 今日の三宅商店 倉敷散策 アクセス・営業時間
お問い合わせ
今日の三宅商店 Today's MiyakeShouten News HOME

ショップを見る
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
三宅商店カフェ工房

林源十郎商店

お客様の声をお聞かせください!

水辺のカフェ三宅商店 酒津店

版画holicによる、世界に1つだけの似顔絵消しゴムはんこのオーダー賜ります。"

New Entries
Recent Comments
Categories
Archives

みんなでつくる「マスキングテープの使い方あれこれ」。MASKINGTAPE.JP

マスキングテープの卸、お取り扱い店様募集について

RSS ATOM
<< 八月のケセラセラ | main | なにも持たない朝 >>
八月のセレナーデ



うろこ雲が空を席巻した早朝。


見渡す限りぜんぶこんな空で、思わずこいでた自転車を投げ捨てて写真を撮りました。


こういうスケールの空を目の当たりにすると、地球が宇宙の一部であることを実感したりします。


なんか楽しいことあるかも!


なんて無駄にワクワクしてみたりしながらヒイコラと自転車を漕いで出勤する日々。




----------------


では今日の三宅商店はじめます!



毎年この時期になると軒先で桃を販売しています。




開店と同時に出せる日もあれば、お昼過ぎてからのときもあるのですが、ほぼ毎日どこかしらの時間帯で売り出してます。



毎日のように買われて行く地元の方がいたり、お土産にって方もいます。



数が減ってくると補充をしたり整理したりするんですが、そうしてると「選んでもらっていいですか?」とまあまあの高確率で尋ねられます。


(桃農家さんみたいに見えるのかな)



毎年売ってはいるけれどぼくはその道のプロではないし、持ってる知識は自己学習で得たものでしかないし、基本的にはお客様自身に好きなのを選んでいただいているので本当は内心は「うう!!」って怯んでたりもするんですが、そこはぐっとこらえて、というかなんならちょっとかっこつけて「わかりました!いつ頃食べれるやつがいいっすか!?」みたいな軽めのドヤ顔でやり取りを始めます。


今日のお相手は「計6個を、1日ひとつ食べる感じで選んでもらいたい」というご要望。


(ハ、、ハードル高い!!)


くじけそうになりながらも(キミは今日が食べ頃かい?キミは明後日くらいかい?)と、桃にコンディションを尋ねながら選びました。



最終的な着地点として、6日に分類するのは至難の技だったため、前半、中盤、後半にどうぞみたいな分け方でお渡ししました。




「左右対称で大きいサイズのもの」


「香りが高いもの」


「色味が均一のもの」


たぶんもっと細か〜く選ぶコツとかあるんだと思います。あとは、冗談ぽく書いたけどドヤ顔で自信ある感じでお渡しするのもポジティブな意味で必要なことなんじゃないかと思ったりします。


せっかく桃農家ぽく見えたなら、自信無さげにオドオドと渡される野暮な桃より、きっと美味しいことでしょう!っていうニュアンスでお渡し出来た桃の方が、その空気感に水を差さず1割増しくらい美味しくなるような気がします。


「無責任だな〜」とネガテイブに見ることもひとつの捉え方かもしれませんが、全ての事柄に多面性があるのは百も承知で。


だからこそいい意味で開き直って、しっかりとした笑顔でお渡しするコトが大事なんじゃないかなあと思います。



もちろん、甘くて美味しい桃であってくれ!っていう想いはしっかり込めて選びます。





----------------


2年前の夏、ぼくは大きな失敗をしました。



その夏も今年のと同じくらい、暑さの厳しい夏でした。



あるお客様から尋ねられます。


「桃を郵送してもらうことは出来ますか?」


基本的には会計までをセルフでしてもらってるってところが安さのポイントであり、郵送のルートも持ってはいない為一度はお断りしたのですが、諸事情あって、お引き受けすることに。



住所と連絡先などの必要事項を記入してもらって、その日はお見送りしました。



一箱分の桃12個くらいを見繕い、お礼のメモ書きを添えて出荷準備完了。あとは、配達業者さんに連絡して取りに来てもらう手配で、任務完了。


そのはずだったのですが、、、。



連絡先を記入したメモをエプロンと一緒に洗濯してしまい、気づいたときには時すでに遅しでメモは粉々になって出て来ました。



顔面蒼白でパニック状態に陥りつつも、落ち着いてその粉々になったメモを一欠片ずつ集めて夜通し修復作業をし、なんとか形に戻せたところで、続きはまた次回に。。。





フジツカシンスケ

Posted by: 町家喫茶 三宅商店 | - | 23:59 | comments(0) | -
コメント










PAGE UP

Copyright (C) 2004-2010 Miyake Shouten All Rights Reserved.